会社情報

会社概要

ラムリサーチは、世界の主要半導体メーカーから信頼されるパートナーとして、各社のシリコンロードマップ達成に大きく貢献しています。実際に現在の先進半導体のほとんどは、ラムリサーチの技術によって作られています。

ラムリサーチの革新的なウェハ加工装置やサービスを活用することで、半導体メーカーはより小型、高速かつ高性能な電子デバイスを作ることができます。お客様の成功を支援するという固い決意のもと、当社ではシステム工学、技術的リーダーシップと企業理念を重んじた文化を組み合わせることで、技術革新を加速させています。

ラムリサーチ会社案内(PDF)を見る



企業理念 MISSION

ラムリサーチはお客様の成功を第一に考え、世界最高水準の革新的技術と生産性向上ソリューションを半導体産業に提供します。

ビジョン

  • 顧客信頼度でナンバーワン
  • 市場シェアがナンバーワン
  • 優秀な人材が働きたいと思える環境の提供
  • 業界最高水準の製品とサービス
  • 顧客要件に沿ったソリューション開発、また期待に見合った株主還元を実現するための業績達成

コア・バリュー

  • 達成
  • 正直、誠実
  • 創造的かつ継続的な改善活動
  • 相互の信頼と経緯
  • オープン・コミュニケーション
  • 主体性と自責
  • チームワーク
  • お客様を第一に考える (顧客>会社>個人)

 

 



経営幹部の略歴

経営陣

Biography

Tim Archer

ティモシー M. アーチャーはプレジデント 兼 最高経営責任者(CEO)です。2012年6月にExecutive Vice President 最高執行責任者(COO)として入社しました。それ以前はノベラス社にて18年間、研究開発や経営の要職を歴任しました。

2011年1月〜2012年6月:最高執行責任者(COO)
2009年9月〜2011年1月:ワールドワイドセールス、マーケティング、カスタマーサティスファクション(顧客満足)担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント
2008年11月〜2009年9月:PECVD及びElectrofill製品事業部担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント

ノベラス在職中は他にノベラス日本法人にて以下の職務を担当していました:
2001年4月〜2002年4月:Electrofill事業部担当技術ディレクター
1999年〜2001年:技術担当シニア・ディレクター

アーチャーは1989年にTektronix社で高速バイポーラーICのプロセス開発を担当する技術者としてキャリアの第一歩を踏み出しました。 アーチャーはカリフォルニア工科大学で応用物理の学士号を取得後、ハーバード・ビジネス・スクール(経営大学院)にて経営開発プログラムの課程を修了しています。

Biography

Doug Bettinger

ダグラス R. ベッティンガーは現在、エグゼクティブ・バイス・プレジデント 兼 最高財務責任者(CFO)に加え最高会計責任者(CAO)を務めており、財務・税務・資金調達・IT・IRに関する業務を統括しています。ラムリサーチ入社前は以下を歴任しています。

2008年〜2013年:Avago Technologies社、シニア・バイス・プレジデント 兼 最高財務責任者(CFO)
2007年〜2008年:Xilinx社、財務・経理担当バイス・プレジデント
2004年〜2007年:24/7 Customer社(株式非公開企業)、最高財務責任者(CFO)

また、1993年〜2004年はIntel社において、同社のマレーシア法人の経理責任者を含む様々な財務・経理関連部署の管理職を担当しました。ベッティンガーはウィスコンシン大学マディソン校で経済学の学士号を取得後、ミシガン大学でファイナンスのMBA(経営学修士)を取得しました。

Biography

Gary Bultman

ゲリー・バルトマンは、2018年4月からコーポレート・デベロップメント担当シニア・バイス・プレジデントとして、事業成功を促進し活動範囲を拡大することを目標に、既存および新規事業による有機的・無機的な成長戦略の遂行を担ってきました。それ以前は、2013年1月から戦略的開発および新興市場担当シニア・バイス・プレジデントを務めていました。ラムリサーチに入社する前は、KLA-Tencor社で事業室長、戦略開発、最高マーケティング責任者(CMO)などを歴任しています。それ以前はアプライドマテリアルズ社で装置のエンジニアリング、マーケティング、営業に携わっています。バルトマンは、AT&T 社の半導体プロセスエンジニアとしてキャリアをスタートしています。また、カンサス州立大学から原子力工学の理学士号を取得しています。

Biography

Audrey Charles

オードリ・チャールズは、2018年2月からグローバル・ヒューマン・リソース(HR)担当シニア・バイス・プレジデントとして、会社の事業目標に沿った人事戦略の策定を担っています。それ以前は、2017年2月からグローバル・ヒューマン・リソース担当バイス・プレジデント、2015年9月からはコーポレート・イニシアティブ担当バイス・プレジデント 兼 最高経営責任者直属チーフスタッフを務めていました。さらにそれ以前は、2014年9月からインベスターズ・リレーション(IR)担当シニア・ディレクター、そして2015年3月から同部のマネージングディレクターを歴任しているほか、2012年1月からはテクノロジー・プロセス担当シニア・ディレクターとして活躍していました。ラムリサーチでは、エンジニアリング、マーケティング、顧客管理など20年以上にわたる経験を有しています。チャールズは、ダブリン市立大学で応用物理の理学士号を、MITスローン経営大学院からMBA(経営学修士)をそれぞれ取得しています。

Biography

Tina Correia

ティナ・コレイアは、2017年4月から2018年9月までバイスプレジデント兼CEOオフィス主席スタッフを務め、2018年9月に現職に就きました。それ以前の2010年8月から2017年4月にはビジネス・ファイナンス担当バイス・プレジデントとして会社の財務計画を主導し、各ビジネスユニットの財務機能を監督しました。また、経営企画および分析担当ディレクター、グローバル・オペレーションズ・コントローラー、アシスタント・コーポレート・コントローラーなど、2002年の入社以来多岐にわたる財務職を歴任しています。Lam Research入社以前は、1999年から2002年まではBroadVision, Inc. において、バイス・プレジデント兼コーポレート・コントローラーを含む様々な上級財務職を務めました。さらに、1992年から1999年はKPMG, LLPにおいて、主にハイテク産業のクライアントいに対する保証業務を担当していました。コレイアは、カリフォルニア大学バークレー校から経営学の学士号(専攻は会計および財務)を取得しています。

Biography

Jerry Davis

Jerry Davisは、2018年7月から最高セキュリティ責任者(CSO)を務めています。情報セキュリティのグローバルビジョンを立て、CSO組織のリーダーとして従業員の情報および物理資産の保護を担っています。2013年2月から2018年7月まではNASAのエイムズ研究センターの最高情報責任者(CIO)と、NASAエグゼクティブ・カウンセル(役員評議会)のメンバーを兼任していました。2007年から2010年まではワシントンDCにおいて、NASAの最高情報責任者(CIO)を務めました。それ以前は、米中央情報局(CIA)および退役軍人省のセキュリティおよびIT担当上級幹部職や、複数の世界的経営コンサルティング企業で上級コンサルタントとして活躍した経験も有しています。DAVISは、ウェスタン・ガバナーズ大学で経営および情報技術の学士号を、キャピトル・テクノロジー大学でネットワークセキュリティの修士号を取得しています。

Biography

Rick Gottscho

リチャード A. ガッチョ(博士)は2017年にエグゼクティブ・バイス・プレジデント 兼 最高技術責任者(CTO)に任命されました。それ以前は以下を担当していました。

2010年8月〜:グローバル・プロダクト・グループ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント
2007年3月〜:エッチ製品担当バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャー

1996年1月に入社したガッチョは、その他にもエッチおよびCVD製品や研究開発の分野においてディレクターやバイス・プレジデントも歴任しています。ラムリサーチ入社以前は、プラズマ処理の研究者として、ベル研究所に15年間在籍していました。ベル研究所では電子材料・部品のパッケージング、フラットパネル・ディスプレイ等の研究部門のディレクターを務めていました。ガッチョは、プラズマ処理とそのプロセス制御に関する数多くの論文発表、特許申請、講演を行っています。また、プラズマ科学に関連する多数の技術書籍の監修や、主要な国際会議の委員会に携わってきました。1980年代に全米研究評議会(National Research Council)が実施したプラズマ科学の研究では副議長に指名されています。さらに2016年には、全米技術アカデミー(U.S. National Academy of Engineering) の会員に選出されました。ガッチョは ペンシルベニア州立大学から物理化学の学士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)から物理化学の博士号を取得しています。

<受賞歴>
米国真空学会(American Vacuum Society:AVS)
Peter Mark記念賞およびプラズマ化学・技術部門賞
ドライ・プロセス・シンポジウム(Dry Process Symposium)西澤賞
Tegal 社The Thinker賞
気体エレクトロニクス・カンファレンス財団(Gaseous Electronics Conference:GEC)講師

<学会フェロー>
米国物理学会(American Physical Society:APS)および米国真空学会(American Vacuum Society:AVS)

Biography

Rob Hawthorne

Rob Hawthorneは、2019年2月から最高情報責任者(CIO)を務めており、IT戦略、サービス提供およびビジネスパートナー関連業務を担当しています。それ以前はJabil Inc. に18年間勤務し、2014年12月から2019年1月までは電子部品製造サービス部門の最高情報責任者(chief information officer of the Electronic Manufacturing Services Division)、2013年6月から2014年12月まではGreen Point 事業部最高情報責任者、2010年1月から2013年6月まではITビジネスシステム担当バイス・プレジデントを務めるなど、様々なIT職で主導的役割を果たしてきました。Jabil在職中は、この他にも2007年から2010年まではビジネスシステム担当シニア・ディレクター、2006年から2007年まではビジネスシステム担当ディレクターを務めました。HAWTHORNEは、ニューヨーク州立大学バッファロー校から、経営およびマネジメントの学士号とコーポレートファイナンスおよびマーケティングの経営学修士号(M.B.A.)を取得しています。

Biography

Kevin Jennings

ケビン D. ジェニングスは2018年にグローバル・オペレーション担当シニア・バイス・プレジデントに就任しました。ジェニングスは世界中で製造、サプライチェーン(調達)、物流、施設・設備を監督しています。その以前は以下を歴任しています。

2013年6月〜:グローバル・オペレーション担当バイス・プレジデント
2012年6月〜:戦略的開発担当バイス・プレジデント

2012年6月のノベラス社買収以前は、同社にてエンジニアリング、ビジネス開発、マーケティング、製品グループ責任者、オペレーションなどを担いました。ジェニングスは1986年にアプライドマテリアルズ入社、その後KLA-Tencorで活躍するなど半導体製造装置の業界で30年以上の経験を有しています。ジェニングスはデヴライ大学の電気工学を卒業後、ペパーダイン大学からMBA(経営学修士)を取得しています。

Biography

Pat Lord

パトリック J. ロード(博士)は2016年12月からCSBG担当シニア・バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーを務めており、それ以前は以下の職務を歴任しています。

2013年9月〜2016年12月:グローバル・プロダクト・グループ担当バイス・プレジデント 兼 副ジェネラル・マネージャー
2012年6月〜2013年9月:DGSI(※)製品事業部 責任者
(※)DGSIはW CVD、HDP CVD、ストリップ & 洗浄、PVDを統括する事業部。

2012年6月のノベラス社買収以前は同社にてDGSI 製品事業部のシニア・バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーを務めていたほか、それ以前はビジネス・デベロップメント及び戦略立案担当シニア・バイス・プレジデントを務めていました。ロードは2001年にノベラス入社、CMP事業部担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャー、ビジネス・デベロップメント担当シニア・ディレクター、戦略マーケティング担当シニア・ディレクターSenior Director、コーポレート・マーケティング担当バイス・プレジデントとして活躍しました。それ以前はKLA-Tencorにて6年間、製品マーケティングや管理職を担いました。ロードはマサチューセッツ工科大学(MIT)から機械工学の学士、修士、博士号を取得しています。

Biography

Scott Meikle

スコット G. ミークル(博士)は2017年9月からグローバル・カスタマー・オペレーション担当シニア・バイス・プレジデントを務めています。ラムリサーチ入社以前は、Micron Technology社の特別プロジェクトに携わるなど、1年間独立コンサルタントとして活躍しました。それ以前は、社長を務めた2012年8月~2015年12月を含め、5年半にわたりInotera Memories社に在籍していました。元々はMicron Technology社でプロセス開発の技術者としてキャリアをスタートしており、その後複数の地域においてビジネス・オペレーションを統括するなど、メモリ業界において25年以上の経験を有しています。ミークルはカルガリー大学から物理学の学士号を、静岡大学から物理学の博士号をそれぞれ取得しています。

Biography

Sarah O’Dowd

サラ オードウはシニア・バイス・プレジデント 兼 最高法務責任者(CLO)兼 秘書を務めています。オードウは、2008年9月にシニア・バイス・プレジデント 兼 最高法務責任者(CLO)として入社し、法務・知的財産・企業倫理・コンプライアンス全般の責任者となりました。2009年4月にはHR担当バイス・プレジデントにも任命され、2012年5月まで人事業務も兼任していました。ラムリサーチ入社以前の2007年2月から2008年9月まではFibroGen社の法務責任者でした。それまでは20年以上に渡りHeller Ehrman LLP法律事務所のパートナーとして様々なハイテク分野の上場企業を顧客に持ち、証券・ガバナンス・M&Aなどの事案を扱ってきました。また、オードウはHeller Ehrman法律事務所において、シリコンバレーおよびサンディエゴ支所の所長、同事務所の政策委員メンバー、ビジネス・プラクティス・グループ長、経営委員会委員など、多くの要職を歴任しています。オードウはイマキュラータ大学で数学科を卒業後、Stanford大学で法学修士、Stanford大学法科大学院で法務博士号をそれぞれ取得しています。

Biography

Karsten Theess

1997年に入社したKarsten Theessは、2013年7月からパイロット・オペレーション担当バイス・プレジデントを務め、2018年6月に現職に就きました。それ以前の2010年からはオペレーションズ・エグゼクティブを務めており、オーストリアのフィラッハ郡でウェット・クリーン製品部門や米カリフォルニア州フリーモントのカスタマーサポートビジネスグループを担当しました。THEESSは、ヘルムート・シュミット大学で電気工学および経営の理学修士号を取得しています。

Biography

Vahid Vahedi

バヒッド バヘディ(博士)は2018年2月からエッチ製品事業部担当シニア・バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーを務めています。それ以前は、2012年3月からエッチ製品事業部担当バイス・プレジデントを務めていました。1995年にラムリサーチに入社したバヘディは、その他にもエッチ製品事業部のプロダクト・マネージャ、マーケティング担当バイス・プレジデント、絶縁膜エッチ製品担当バイス・プレジデント、メタル・3DICエッチャ製品担当バイス・プレジデント、メタル・エッチ技術開発担当ディレクターなどを歴任しています。

Biography

Sesha Varadarajan

セーシャ バラダラジャンは2013年9月から、デポジション製品事業部担当シニア・バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーを務めています。その以前は2012年6月から2013年9月にかけて、PECVD・Electrofill製品事業部の責任者でした。ラムリサーチ入社以前は、ノベラス社でPECVD・Electrofill製品事業部担当バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーを務めていました。バラダラジャンは1999年にElectrofill製品事業部のプロセス・エンジニアとして入社、その後2004年に技術担当ディレクターに任命されています。2006年から2008年にかけてはPECVD 製品事業部に所属し、後に製品担当ジェネラル・マネージャーを務めています。2009年にElectrofill製品事業部に戻り、同事業部のバイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーに就任しました。2011年にはシニア・バイス・プレジデント 兼 ジェネラル・マネージャーに任命され、同時にPECVD製品事業部も担当しました。バラダラジャンはマイスル大学の機械工学科を卒業後、ボストン大学で製造エンジニアリングと材料科学の修士課程を修了しています。


Regional Leadership

Biography

大和田 伸郎

2018年1月付けでラムリサーチ株式会社に入社。それ以前は株式会社日立製作所、アプライドマテリアルズジャパン株式会社、株式会社日立国際電気、日本エー・エス・エム株式会社において製造、プロセス技術、カスタマーサービス、セールスなど幅広い分野においてマネージメント職を歴任するなど、約40年間に渡り半導体業界に従事しています。東京大学からMaterial Scienceの学士号、東京大学大学院からMaterial Scienceの修士号をそれぞれ取得しています。また米国マサチューセッツ工科大学における、Material Scienceの1年間の交換プログラムにも参加しています。

Biography

檀上 雅樹

ラムリサーチ株式会社に入社後はセールスマネージメントやビジネスマネージメントなど多岐にわたる職務に携わり、カスタマーサポートビジネスグループ事業部長を歴任しました。ラムリサーチ入社以前は、住友金属工業株式会社においてマーケティングやセールスマネージメントに従事するなど、半導体産業で25年間以上の経験を有しています。北海道大学から経済学士号を取得しています。

Biography

北山 吉彦

1993年にラムリサーチ株式会社に入社。それ以来、セールス、カスタマーサポート、ビジネスデベロップ部門で様々なビジネスマネジメント業務に従事し、さらに技術部門でもプロダクトサポートやプロセスマネジメントを経験してきました。それ以前は、ゼネラルシグナルジャパン株式会社においてエッチ装置のプロセスマネジャー、また住友 GCA 社では半導体リソグラフィプロセスの開発エンジニアを務めていました。東京理科大学から応用物理の学士号を取得しています。

Biography

北野 聡志

1998 年にラムリサーチ株式会社に入社し、セールスマネジャー、ビジネスディベロップメント、アカウント事業部長に従事し、2012年よりグローバルプロダクトセールスの事業部長となりました。それ以前にはジャストインレンテック株式会社においてセールス、アプライドマテリアルズジャパン株式会社ではアカウントプロダクトマネジャーでした。

Biography

黒岩 保博

2004年5月にラムリサーチ株式会社に入社以来、数々の主要顧客担当セールスマネージャー職に従事してきました。それ以前にはケーエルエー・テンコール株式会社にて西日本地区担当のセールスマネージャー、2000年まで株式会社ダイヘンにて高周波電源装置とクリーン搬送システムのグローバルビジネスディベロプメントを担当してました。大阪府立大学から経済学士号と高等学校教員免許を取得しています。

Biography

西澤 孝則

2004 年にラムリサーチ株式会社に入社し、フィールドプロセスエンジニアリンググループのマネージメント職に従事してきました。それ以前の1991 年から2004 年まではアプライドマテリアルズジャパン株式会社においてドライエッチプロダクトグループに所属しエッチプロセスの開発等をサポートしてきました。大阪通信大学より電気工学士号を取得しています。

Biography

松下 雅一郎

2000年5月にラムリサーチ株式会社に入社以来、マーケティング、プロダクトプロモーション、セールス、プロダクトサポート業務に従事してきたほか、安全と品質のマネジメントにも携わってきました。それ以前には住友金属工業株式会社において、研究開発、装置製造、セールス、マーケティング、事業企画に従事していました。コーネル大学からMaterial Science and Engineeringの学士号を取得しています。

Biography

野中 悠生

2005年11月にラムリサーチ株式会社に入社以来、主要顧客のセールスマネージャー職に従事してきました。それ以前はシーメンス株式会社にて、テクニカルサポートエンジニアやセールス&マーケティングに従事していました。中央大学理工学部から管理工学科の学士号を取得しています。

Biography

山田 順一

1995年1月にラムリサーチ株式会社に入社、サービス部門のフィールドサービスエンジニアとして装置立ち上げ作業に従事しています。それ以前は、サービスマネージャー、製造部門での製造管理、セールスマネージャー、ビジネスディベロップメントマネージャーとしてのアップグレードプロダクト、中古機の買い取り及び販売など多岐にわたる業務に携わってきました。明治大学大学院から経営管理の修士号(専門職)を取得しています。



取締役会

Stephen G. Newberry

会長

Tim Archer

プレジデント兼
最高経営責任者(CEO)

Sohail Ahmed

Senior Vice president and General Manager, Technology Manufacturing Group (former)
Intel Corporation

Eric K. Brandt

エグゼクティブ・バイス・プレジデントおよび前・最高財務責任者(CFO)
Broadcom Corporation社

Michael R. Cannon

ジェネラル・パートナー
MRC & LBC Partners, LLC

Youssef A. El-Mansy, Ph.D.

前・ロジック技術開発担当バイス・プレジデント 兼 ディレクター
Intel Corporation社

Christine A. Heckart

Chief Executive Officer and Director
Scalyr, Inc.

Catherine P. Lego

メンバー
Lego Ventures, LLC

Bethany J. Mayer

Executive Partner
Siris Capital Group LLC

Abhijit Y. Talwalkar

前・プレジデント 兼 最高経営責任者(CEO)
LSI Corporation社

Lih Shyng (Rick L.) Tsai, Ph.D.

Chairman and Chief Executive Officer
MediaTek Inc. 社

Leslie F. Varon

Chief Financial Officer (former)
Xerox Corporation

沿革

1980年の創業以来、ラムリサーチは半導体産業が目覚ましいスピードで進化し続ける上で重要な役割を果たしてきました。

社会的責任

ラムリサーチでは、社員が勤務・居住する地域に貢献する責務があると考えています。また、責任ある装置製造に努めています。

オフィス所在地

カリフォルニア州フリーモント市に本社を置き、米国・豪州・韓国に製造拠点を持つなど、世界各地にオフィスがあります。

circle-arrow2circle-arrow2facebookgooglehandshake2health2linkedinmenupdfplant2searchtwitteryoutube